効果的な摂取を!ルイボスティーの適量ってどれくらい?

MENU

効果的な摂取を!ルイボスティーの適量ってどれくらい?

 

ダイエットや美肌などの美容や健康に効果があるルイボスティーにも過剰摂取するとせっかくの効能が効かなくなることもあります。ルイボスティーの適量としては、1日にコップ2杯から3杯ぐらいが目安となり、効果を得るには毎日継続的に飲みのがよいとされています。また、抽出の仕方も重要で、煮出す場合は最低10分以上沸かすのが効果的と言われています。水出しの場合は数時間程度つけておかないといけません。ルイボスティーには、コーヒーや紅茶のようなカフェインが含まれていないため、飲み過ぎてもそれほど健康に害は与えませんが、それでも水分の過剰摂取によって胃腸が弱い人などは水分のコントロールができなくなり、身体を冷やしてしまうこともあります。アトピー性の疾患を持っている人もルイボスティーを飲み過ぎると悪化させてしまうこともありますので注意が必要です。このお茶には、ミネラルがたくさん含まれており、抗酸化作用もあるため、健康に関心がある人ほど即効性を求めて大量に摂取してしまいがちですが、医薬品ではないので、すぐには求めている効果は得られません。ほかの健康茶に比べて味にそれほど癖がないため、水の延長の感覚で気軽に飲みやすいお茶です。

 

ルイボスティーと糖質の関係性

 

近年、美容や健康に関心が高い人々の間で話題になっているルイボスティー。名前は聞いたことがあるけれど、実際どのようなものなのか、飲むとどんな効果があるのか、良く分からない人も多いでしょう。ルイボスティーとは南アフリカ原産のお茶で、不老長寿のお茶として300年以上もの昔から多くの人々に愛されてきたお茶です。ミネラルをバランスよく含んでおり、ノンカフェインであることから、子どもからお年寄り、妊婦さんでも安心して飲むことができます。また、シミそばかすなど肌の老化や、免疫力低下の一因ともなる活性酸素を抑制する酵素が豊富に含まれているので、アンチエイジング効果にも注目が高まっています。ルイボスティーはお茶なので、カロリーもなく糖質もゼロ。抗炎症作用や善玉菌が腸の働きを活発にしてくれる整腸作用もあるので、美容や健康に対するメリットも多いお茶となっています。そんなルイボスティーの味は、苦味や渋みはほとんどない飲みやすさで、1年を通じて水分補給にぴったりです。夏バテや熱中症予防にも一役買ってくれるでしょう。1日の摂取目安量はコップに2~3杯程度ですが、日々の食生活に合わせて上手に取り入れていきましょう。

 

ルイボスティーの特徴とは

 

ルイボスティーは、南アフリカが原産であるルイボスという針葉樹の一種である植物が、原材料となっているものになります。このルイボスティーの特徴にはいくつかあるのですが、カフェインが含まれていないことが大きな特徴のひとつになっています。カフェインを習慣的に摂り続けていることで、身体のなかの消化器系や肝臓などの臓器に負担をかけてしまうことがわかっています。このため、これらの疾患がある人や、妊娠中の人、赤ちゃんなどにはカフェインを摂取することは好ましくないようです。この他の特徴には、ルイボスという植物が育つ南アフリカの土壌は、ミネラル成分を多く含むところであるため、優れたミネラルがバランス良く含まれていることになります。南アフリカは、世界でも有数の金など鉱物の産出国であることから、上質のミネラルが得られるようです。人が健康を維持するためには、ミネラルはとても重要な栄養素になります。さらにルイボスティーには、SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素というものも含まれています。これは、体内に発生する活性酸素を抑える働きをしてくれるものです。毎日飲み続けることで、健康や美容に良い効果を得ることができるでしょう。

2015/07/23 18:51:23 |
なぜ日本製のスチームクリーナーは少ないのかスチームクリーナーは本来、日本国内で使われている掃除機よりも稼動規模が大きく、海外においては対応電圧や蒸気の強さなど事情が異なる清掃機器に該当します。そのため、日本国内で使えるように本体規格と内部構造の一部を変更しなければならず、海外製のスチームクリーナーを輸入及び改良して販売する場合に関しても一定のコストを要します。純粋な日本製が少ない理由としてはこのような動作環境上の問題点に加えて一般家庭での認知度の低さが影響しており、日本国内では掃除機のように広く普及していないことから、国産として大量生産を行っても購入者が少なく利益へ繋がらない現状となっています...
2015/07/23 18:51:23 |
DHAならアンコウ肝油が人気DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの、必須脂肪酸、もしくはオメガ3脂肪酸と呼ばれる、多価不飽和脂肪酸があります。DHAは主に脳の活性化や血流の改善、EPAは血液をサラサラにしたり、炎症を抑える作用があるとされています。こうした作用が、健康に良い影響をもたらすことを期待して、その積極的な摂取が提唱されています。これらの必須脂肪酸は、青魚に多く含まれており、そこから抽出されたものがサプリメントとして流通しています。サプリメントの中には、サメなどの深海魚の肝油にDHAやEPAを添加させたものも多く、肝油の持つビタミンやスクアレンと合わせて摂取...
2015/07/23 18:50:23 |
亀頭包皮炎の症状と悪化亀頭包皮炎は男性の亀頭と亀頭を包んでいる皮(包皮)の間に細菌が繁殖し、包皮の部分に炎症が引き起こされる病気で、包皮に炎症が起こって腫れや痛み、かゆみなどが初期症状としてあらわれるのが一般的です。また、軽度の炎症だからといって放置してしまうと、症状が悪化して包皮や亀頭がただれたり、水ぶくれのようなブツブツや潰瘍ができたり、ひどい場合には膿がたまって強い痛みに苦しめられることもあるので、早めに泌尿器科を受診して治療が大切です。一般に、包茎の男性がかかりやすい亀頭包皮炎は、黄色ブドウ球菌や大腸菌などの身の回りにある雑菌の繁殖によって起こるケースがほとんどですが、近年、成人男性に...
2015/07/23 18:49:23 |
カンジダで変化する皮膚カンジダは、体の至る所に常在している真菌(カビの仲間)で、口腔、腸、膣、さらに体表にも生息しています。常在しているものなので普段は特に悪さをしませんが、この菌が異常に増殖し炎症を引き起こした時に問題となります。女性でよく問題になるのが膣カンジダ症で、カンジダは女性がかかる病気だと考えている方も多いようです。しかし、男女問わずにこの菌を持っていますので、この菌が増殖する部位によっては男性女性に関わらず問題となります。上記にもありますように、至るところにこの菌は生息していますから、体の表面に増殖した場合は皮膚炎を発症することになります。例えば、皮膚に感染を起こした場合は発疹や...
2015/07/23 18:49:23 |
糖尿病治療東京で血糖降下剤の治療を受ける糖尿病とは、血糖値の上昇を抑制するインシュリンが不足することにより、尿に糖分が含まれる病気のことです。インシュリンの量は、産まれた時から決まっているため、体内で生成することができません。血糖値が急激に上昇するような食生活を長年送っていれば、インシュリンを大量に使用しますので、いずれ糖尿病になります。血糖降下剤を使用した治療を行うのは、比較的初期の段階で、食事療法で改善が見られない場合やインシュリンを使用していない場合に行うことが多いです。基本的には、食事療法と運動療法により、血糖値をコントロールする治療を行いますが、合併症や進行を防ぐために、薬物療法とし...
2015/07/23 18:48:23 |
性器ヘルペスにかかったときの諸注意と経過観察性器ヘルペスは性交渉で感染する性病で、女性にとっては大変つらい激しい症状がでてしまう病気です。性器ヘルペスの経過はまず性交渉から4日から10日ほどの潜伏期間を経て発病します。38度ほどの発熱やだるさから始まることもあり風邪と勘違いされて受診が遅れることもありますが、その後性器付近にかゆみや水泡ができ、それが破れて劇的な痛みを伴うことがあります。下着と患部が擦れて痛みを伴い、排尿もままならないほどの激痛を抱える方もあります。適切な投薬や軟膏の塗布を行うと、徐々に症状は改善して2週間ほどで患部が元の通りになります。ただしウイルスを完全に駆逐できたわけでは...