血糖値測定器と試験紙

血糖値測定器と試験紙

血糖値を測定する場合には通常は血液を使うのが一般的です。その血液は指の腹の部分に専用の針を刺し、そこから少しだけ血が出るようにしておきます。ここからは2通りのやり方が存在しますが、いずれの場合も試験紙をそこに当てて、それで測定していきます。試験紙にブドウ糖酸化酵素がついており、それを反応させて電流を流して計測するタイプと試験紙の色の変化で測定するタイプです。

 

より確実なのは電流を流すタイプですが、いずれも簡単に作業が行えるようになっており、素人の人でも簡単に血糖値の測定ができます。

 

一方で試験紙には使用期限が設定されています。血液に反応して血糖値を調べるような繊細なものであるため、使用期限が設定されその中で使用することが求められており、使用期限が過ぎたものを使うと、本当にその数値なのかが疑わしくなります。また試験紙は湿気に弱いため、管理状況が甘いと正しい測定結果が出ない恐れがあります。

 

このように試験紙は非常に繊細な性質のものであるため、実際に使用する際には保管の環境などをしっかりとしておくことが求められます。また、血液を多めに出そうとして絞り出そうとすると組織液が数値に影響を与えるため、正しい使い方も覚えないといけません。

 

試験紙はインスリン投与を受けている場合には保険適用がなされます。そのため、一定の量を処方してもらえるようになっています。

 

インスリンの投与を受けていない場合は自費で用意することになりますが、近年は簡単に調べられるようなものが登場しており、独自で用意することは決して難しくありません。ただより本格的な数値を知りたい場合や糖尿病の疑いが考えられる場合はすぐに医師に診せることも大事です。

 

血糖値測定器の中には測定器の中で数値を管理してくれる機能もありますが、清潔に使っていくためにも試験紙を正しく使用することが大事です。といっても、難しい作業は存在せず丁寧に使えば大丈夫です。

 

 

本気で血糖値を下げたい人におすすめ

 

血糖値を下げる努力は色々してるけど、なかなか成果が出ないという方はいませんか?

 

境界型の糖尿病で、つまりいつ本格的に糖尿病の治療をしましょうと言われてもおかしくない方がまずやることは食事療法と運動療法です。

 

この二つの方法を続けることができれば、多くの方は高血糖の悩みから解放されるでしょう。

 

でも、食事療法も運動療法も、簡単そうに見えてすごく難しいんですよね。

 

内容としては食事の量を減らし、食べる順番に気を付けるとか、ゆっくり食べるとか、やろうとすればすぐにでも始められるものです。病状によってはもっとハードになるかもしれませんが、慣れれば難しいことではありません。

 

運動だって、ハードなトレーニングという訳ではなく、食後15分でも30分でも良いから軽くウォーキングをするなどの習慣を付けましょう、ゆっくりストレッチしましょう、というところからスタートです。

 

しかしそれが続かない。
やってるつもりでも思ったような効果が出ない。でも心から血糖値は下げたいと思ってる。
このまま病気になる訳にはいかないんだ!

 

そんな、本気で血糖値を下げたい、でも意思に反してそれがすごく難しいと思っている方は、血糖値をコントロールするお茶を使ってみてはいかがでしょうか。

 

血糖値コントロールティー

 

血糖値のコントロールをサポートするアイテムはたくさんあります。

 

しかし、数あるアイテムの中でも、特に手軽で効果があるのが血糖値コントロールティーなのです。

 

特に手軽さで言えばこれに勝るものはなしと言っても過言ではありません。

 

なぜなら、お茶を飲む習慣は既にみなさんあるのではないだろうかと思うからです。

 

食事の方法を変えたり運動を取り入れたりするのはもちろん難しいのですが、もっと手軽にとサプリメントを取り入れても、意外に続かない人が多いのです。

 

それは、その習慣が今までにないから。

 

他にもお薬を常用していて、ついでにサプリメントをというのであれば続く人もいるのかもしれませんが、結局どれほど簡単な方法でも、新しい習慣を身に付けるというのはなかなか難しいことなのです。

 

だからこそ、食後やおやつのお供などでお茶を淹れる習慣が根付いている私達にとって、血糖値コントロールティーはとても続けやすいものなのです。

 

食事でも運動でも、サプリメントでも、初めはやるぞ!という意気込みがある程度必要です。

 

その意気込みの部分、やる気の部分が習慣を身に付ける前に萎んでいき、だんだん妥協してしまうようになるのです。最初にやる気があると萎んだときの反動が激しい。皆さん経験ありますよね?

 

血糖値コントロールティーはティーパックをポッドの脇にでも置いておけば飲むでしょう。

 

仮にやる気がなくても、淹れてもらって目の前にお茶の入った湯呑があれば自然に口に運ぶはずです。

 

血糖値のコントロールはその程度自然に行えるのが理想なのです。食事にしろ、運動にしろ。

 

 

 

本当に血糖値が下がるのか

 

血糖値コントロールティーは医薬品ではありませんから、強制的に一定値まで血糖値を下げるというようなことはありません。

 

そういう意味では、効果に個人差があると言えるでしょうし、やはり普段の食事の仕方や運動をどれくらいしているかで効果に大きな違いが表れると思います。

 

血糖値コントロールティーには血糖値を下げたり、インスリン感受性を正常に保つ効果があると言われている生薬を使用しています。

 

一般に血糖値管理に対する効果が期待できると言われている生薬を5つも配合しているのです。

 

中には、漢方やハーブの類って効かないんだよな…という体質の方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、それでも血糖値のコントロールに効果アリとされている生薬をこれだけふんだんに盛り込んだお茶はなかなかありませんから、試してみる価値はあると思います。

 

高血糖の治療は何より続けることが大事ですから、まずは習慣付けが行いやすい血糖値コントロールティーを続けてみてはいかがでしょうか。

 

血糖値コントロールティー使用上の注意

 

血糖値コントロールティーを飲むと、インスリンに対する感受性が正常に保たれると同時に、血糖値を下げる効果を持つ生薬が入っていますから、血糖値の管理が楽になる可能性が高いです。

 

加えて、日頃のお茶の時間にこの血糖値コントロールティーを飲んでいただければ良いだけなので、特に飲み忘れとか一日にこれだけは飲まなければならないという厳密なこともなく、気軽に始めていただけます。

 

問題があるとすれば、習慣になりすぎて、四六時中飲んでしまったり、時間を考えずに飲んでしまったりする場合です。

 

個人差があるとは言うものの、血糖値コントロールティーは血糖値を下げるお茶です。

 

ご存じの通り、血糖値は下がりすぎる方がよっぽど命の危険に直結します。

 

血糖値コントロールティーは医薬品ではありませんから、際限なく、飲んだ分だけ強制的に血糖値が下がるというものではないにしろ、飲みすぎには気をつけてください。

 

また、誰でも空腹時は血糖値が低いものです。

 

高血糖症の方であればいつも大体高い血糖値なのかもしれませんが、自分でも糖分が足りていないという自覚があるような時間帯に血糖値コントロールティーを飲むのも控えた方が良いでしょう。

 

とにかくお茶だけ飲まないことが大事です。食前に飲む方も食後に飲む方もいると思いますが、あんまり空腹なときは控えるようにしましょう。

 

また、極端な使い方をしなければそれほど神経質になる必要はありませんが、やはり一般的なお茶よりは高価だということも勘案して、ガブガブ飲むものではないという意識は必要かもしれません。

 

血糖値測定器があるとさらに便利

 

血糖値コントロールティーの効き目を知るのは、ご自宅では難しいのではないでしょうか。

 

何月かに一回の血糖値検査まで、コントロールティーの効果が分からないというのであれば、とても無駄なことをしてしまう可能性もあります。

 

出来れば、ご自宅でいつでも血糖値を測れる状態にしておくことをおすすめします。

 

血糖値測定器は意外にそれほど高いものでもありませんし、あくまで気になったときの検査ですから、ほぼ初期コストのみで済むでしょう。

 

例えば、「トゥルーピコ」という製品でしたら本体に10回分の検査ができる消耗品がついて3,400円から購入することができます。

 

このトゥルーピコは消耗品も平均よりずっと安いので、血糖値測定器が必要などんな方にもおすすめしたい製品です。

 

一旦糖尿病になってしまえば、血糖値測定器は生活に必須のアイテムとなります。インスリン注射を打たなければならないならなおさら、血糖値測定器と併用することになりますし、消耗品のコストもかかり続けます。

 

そう考えれば、予防のために血糖値測定器を持っているのは血糖値管理に大変効果的ですし、結果的に最小限のコストで済むのですよね。このとき、どうしてもかかってしまう消耗品のお値段を確認することが大事です。だからトゥルーピコ。

 

まだ自分のインスリンが働いているから血糖値測定器は必要ないと思われるかもしれませんが、体内の自動血糖値測定&調節機能が弱って働かなくなってしまうのが糖尿病です。

 

高血糖が続いているのであれば、その領域に足を半分踏み入れているのと同じこと。

 

コントロールティーと併せて血糖値測定器を使うことで、今のうちに血糖値を把握し、積極的にコントロールする術を身に付けておくことをおすすめします。

 

本気で血糖値を下げたいと思っているということは、もう血糖値を気にしながら生活するのが嫌だということなのではないでしょうか。

 

食事法や運動を諦めて、努力をせずにそのような状態に戻ることはありえません。今後、気を抜けば抜いただけ血糖値の管理はシビアになり、それも結果が高じなければ本格的な治療ということになるでしょう。

 

血糖値をコントロールするお茶は、そんな生活の中でもっとも気軽に血糖値を下げることができる、ホッと一息つけるアイテムなのです。