日本製の血糖値測定器

日本製の血糖値測定器

生活習慣病の一つである糖尿病の予備軍の方は、若い世代の方でもかなり増えてきていると言われており、健康に生活を行うためにも定期的に血糖値測定をして健康のバロメーターをチェックしていくことが重要になります。
ただ血糖値の測定をするためには、医療機関を利用する必要があり定期的に通うのは面倒だと感じる方も多く、針を刺して血液を採取する必要があるので、痛みのある測定は苦手という方も増えています。

 

そこで近年注目されているのが、針を刺さずに血糖値を測定する事ができる日本製の血糖値測定器です。これはフィンガーグリップを指に挟むことで針を使わずに痛みなく血糖レベルを測定できる健康管理デバイスとなっています。痛みを伴わないので誰でも気軽に血糖値を調べることが出来るので、健康意識を高めることが出来ますし、現在病気の治療中の方も、自分の今の状態を常にチェックすることが可能になります。

 

また血糖値のチェックの他に、心拍数や血中酸素飽和度なども調べることが出来るので、これらのデータを元に日々の健康管理に役立てることも出来るなど、一台で様々な情報を管理することが可能です。普段使用しているスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末機と連動させることによって、端末上でデータ管理をすることも可能になっています。

 

そのため定期的にデータ管理をするのは面倒だという方でも、計測を定期的に行うだけでモバイル端末で健康状態をチェックすることが出来るので、幅広い年齢層の方に支持されています。

 

従来の血糖値測定器は、針を使用したりセンサーと呼ばれる試験紙は消耗品として定期的に購入する必要がありました。

 

しかし針を使用しない測定器を利用すれば、消耗品を用意する必要が一切なくなりコストパフォーマンスがとても高いメリットがあります。また測定器自体は軽量でコンパクトな仕様となっていますし、人間工学に基づき、楽な体勢で使用出来るデザインなので持ち運びも簡単です。

 

本気で血糖値を下げたい人におすすめ

 

血糖値を下げる努力は色々してるけど、なかなか成果が出ないという方はいませんか?

 

境界型の糖尿病で、つまりいつ本格的に糖尿病の治療をしましょうと言われてもおかしくない方がまずやることは食事療法と運動療法です。

 

この二つの方法を続けることができれば、多くの方は高血糖の悩みから解放されるでしょう。

 

でも、食事療法も運動療法も、簡単そうに見えてすごく難しいんですよね。

 

内容としては食事の量を減らし、食べる順番に気を付けるとか、ゆっくり食べるとか、やろうとすればすぐにでも始められるものです。病状によってはもっとハードになるかもしれませんが、慣れれば難しいことではありません。

 

運動だって、ハードなトレーニングという訳ではなく、食後15分でも30分でも良いから軽くウォーキングをするなどの習慣を付けましょう、ゆっくりストレッチしましょう、というところからスタートです。

 

しかしそれが続かない。
やってるつもりでも思ったような効果が出ない。でも心から血糖値は下げたいと思ってる。
このまま病気になる訳にはいかないんだ!

 

そんな、本気で血糖値を下げたい、でも意思に反してそれがすごく難しいと思っている方は、血糖値をコントロールするお茶を使ってみてはいかがでしょうか。

 

血糖値コントロールティー

 

血糖値のコントロールをサポートするアイテムはたくさんあります。

 

しかし、数あるアイテムの中でも、特に手軽で効果があるのが血糖値コントロールティーなのです。

 

特に手軽さで言えばこれに勝るものはなしと言っても過言ではありません。

 

なぜなら、お茶を飲む習慣は既にみなさんあるのではないだろうかと思うからです。

 

食事の方法を変えたり運動を取り入れたりするのはもちろん難しいのですが、もっと手軽にとサプリメントを取り入れても、意外に続かない人が多いのです。

 

それは、その習慣が今までにないから。

 

他にもお薬を常用していて、ついでにサプリメントをというのであれば続く人もいるのかもしれませんが、結局どれほど簡単な方法でも、新しい習慣を身に付けるというのはなかなか難しいことなのです。

 

だからこそ、食後やおやつのお供などでお茶を淹れる習慣が根付いている私達にとって、血糖値コントロールティーはとても続けやすいものなのです。

 

食事でも運動でも、サプリメントでも、初めはやるぞ!という意気込みがある程度必要です。

 

その意気込みの部分、やる気の部分が習慣を身に付ける前に萎んでいき、だんだん妥協してしまうようになるのです。最初にやる気があると萎んだときの反動が激しい。皆さん経験ありますよね?

 

血糖値コントロールティーはティーパックをポッドの脇にでも置いておけば飲むでしょう。

 

仮にやる気がなくても、淹れてもらって目の前にお茶の入った湯呑があれば自然に口に運ぶはずです。

 

血糖値のコントロールはその程度自然に行えるのが理想なのです。食事にしろ、運動にしろ。

 

 

 

本当に血糖値が下がるのか

 

血糖値コントロールティーは医薬品ではありませんから、強制的に一定値まで血糖値を下げるというようなことはありません。

 

そういう意味では、効果に個人差があると言えるでしょうし、やはり普段の食事の仕方や運動をどれくらいしているかで効果に大きな違いが表れると思います。

 

血糖値コントロールティーには血糖値を下げたり、インスリン感受性を正常に保つ効果があると言われている生薬を使用しています。

 

一般に血糖値管理に対する効果が期待できると言われている生薬を5つも配合しているのです。

 

中には、漢方やハーブの類って効かないんだよな…という体質の方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、それでも血糖値のコントロールに効果アリとされている生薬をこれだけふんだんに盛り込んだお茶はなかなかありませんから、試してみる価値はあると思います。

 

高血糖の治療は何より続けることが大事ですから、まずは習慣付けが行いやすい血糖値コントロールティーを続けてみてはいかがでしょうか。

 

血糖値コントロールティー使用上の注意

 

血糖値コントロールティーを飲むと、インスリンに対する感受性が正常に保たれると同時に、血糖値を下げる効果を持つ生薬が入っていますから、血糖値の管理が楽になる可能性が高いです。

 

加えて、日頃のお茶の時間にこの血糖値コントロールティーを飲んでいただければ良いだけなので、特に飲み忘れとか一日にこれだけは飲まなければならないという厳密なこともなく、気軽に始めていただけます。

 

問題があるとすれば、習慣になりすぎて、四六時中飲んでしまったり、時間を考えずに飲んでしまったりする場合です。

 

個人差があるとは言うものの、血糖値コントロールティーは血糖値を下げるお茶です。

 

ご存じの通り、血糖値は下がりすぎる方がよっぽど命の危険に直結します。

 

血糖値コントロールティーは医薬品ではありませんから、際限なく、飲んだ分だけ強制的に血糖値が下がるというものではないにしろ、飲みすぎには気をつけてください。

 

また、誰でも空腹時は血糖値が低いものです。

 

高血糖症の方であればいつも大体高い血糖値なのかもしれませんが、自分でも糖分が足りていないという自覚があるような時間帯に血糖値コントロールティーを飲むのも控えた方が良いでしょう。

 

とにかくお茶だけ飲まないことが大事です。食前に飲む方も食後に飲む方もいると思いますが、あんまり空腹なときは控えるようにしましょう。

 

また、極端な使い方をしなければそれほど神経質になる必要はありませんが、やはり一般的なお茶よりは高価だということも勘案して、ガブガブ飲むものではないという意識は必要かもしれません。

 

血糖値測定器があるとさらに便利

 

血糖値コントロールティーの効き目を知るのは、ご自宅では難しいのではないでしょうか。

 

何月かに一回の血糖値検査まで、コントロールティーの効果が分からないというのであれば、とても無駄なことをしてしまう可能性もあります。

 

出来れば、ご自宅でいつでも血糖値を測れる状態にしておくことをおすすめします。

 

血糖値測定器は意外にそれほど高いものでもありませんし、あくまで気になったときの検査ですから、ほぼ初期コストのみで済むでしょう。

 

例えば、「トゥルーピコ」という製品でしたら本体に10回分の検査ができる消耗品がついて3,400円から購入することができます。

 

このトゥルーピコは消耗品も平均よりずっと安いので、血糖値測定器が必要などんな方にもおすすめしたい製品です。

 

一旦糖尿病になってしまえば、血糖値測定器は生活に必須のアイテムとなります。インスリン注射を打たなければならないならなおさら、血糖値測定器と併用することになりますし、消耗品のコストもかかり続けます。

 

そう考えれば、予防のために血糖値測定器を持っているのは血糖値管理に大変効果的ですし、結果的に最小限のコストで済むのですよね。このとき、どうしてもかかってしまう消耗品のお値段を確認することが大事です。だからトゥルーピコ。

 

まだ自分のインスリンが働いているから血糖値測定器は必要ないと思われるかもしれませんが、体内の自動血糖値測定&調節機能が弱って働かなくなってしまうのが糖尿病です。

 

高血糖が続いているのであれば、その領域に足を半分踏み入れているのと同じこと。

 

コントロールティーと併せて血糖値測定器を使うことで、今のうちに血糖値を把握し、積極的にコントロールする術を身に付けておくことをおすすめします。

 

本気で血糖値を下げたいと思っているということは、もう血糖値を気にしながら生活するのが嫌だということなのではないでしょうか。

 

食事法や運動を諦めて、努力をせずにそのような状態に戻ることはありえません。今後、気を抜けば抜いただけ血糖値の管理はシビアになり、それも結果が高じなければ本格的な治療ということになるでしょう。

 

血糖値をコントロールするお茶は、そんな生活の中でもっとも気軽に血糖値を下げることができる、ホッと一息つけるアイテムなのです。

 

 

食後、血糖値を下げる手助けを!

 

食後はすぐ軽い運動を20分から30分程度行うと、血糖値の上昇を緩やかにすることができると知られています。

 

食べているうちにも血糖値は上がりますが、もっとも血糖値が上がるのは食後。

 

その時間に何をするかで、体にかかる負担が大きく変わります。

 

運動はあまりできないというのであれば、血糖値を下げる生薬配合のお茶である、「血糖値コントロールティー」などを食後に飲むと良いでしょう。

 

これは日ごろから血糖値が高い方には是非日頃から飲む習慣をつけてほしい効果てきめんのアイテムなのですが、お茶に頼りすぎることなく、ご自分の力で血糖値のコントロールができるようになるのが理想です。

 

血糖値の様子を知りましょう!

 

体は血糖値が上がれば下げようとしますし、下がりすぎれば上げようとします。

 

それに引き替え私たちは血糖値の様子を知ることはできません。

 

しかし血糖値が気になっているのであれば、血糖値を自分で管理できるようにしておくことはとても重要です。

 

それは体内の情勢を知るようなことですし、インスリンの手助けをしようというのであれば血糖値の様子を私たちが知らなければ、的外れな援助をしてしまうことになるでしょう。

 

例えば、炭水化物はそれほど摂らない食事なのに惰性でサプリメントを飲んでしまったり、血糖値は低い状態なのに血糖値コントロールティーを飲んでしまったり。

 

そんな事態を防ぐには、血糖値測定器で血糖値を管理できるようにしておくことです。

 

血糖値測定器を使えば体内の血糖値の情勢を知り、対策を立てることができますから、サプリメントやお茶よりも重要なアイテムと言えます。

 

これがあるだけで、何を食べてどれくらい血糖値が上がったか、どういう風に食事を摂ればどれだけ血糖値の上昇の仕方が変わるかを把握することができます。

 

実際、血糖値測定器があるだけで血糖値の管理はできるし、血糖値を落とすことは可能です。

 

使える!血糖値測定器

 

血糖値測定器と言えば、糖尿病患者が使うものだというイメージがあるかもしれません。病院でもらうやつだろ?と。

 

しかし、最近では特に血糖値が気になる人にとってマストアイテムだと言われる存在でもある血糖値測定器。

 

糖尿病患者が血糖値測定器を使わなければならないのは、そうする以外に血糖値を管理するものがないからです。

 

本来であれば、体が自動で血糖値の多寡を管理し、適切な状態に保ってくれる。糖尿病の方はそれが出来なくなってしまうかその能力が極端に落ちる訳ですから、血糖値測定器を使って自分の眼で確かめるしかないのです。

 

まだ血糖値が気になるだけで糖尿病ではないというのであれば、まだまだ回復の余地はあります。

 

糖尿病は治らないと言いますが、病気が戦いだとすれば糖尿病は既に負けてしまった状態と言っても良いものです。負けたという事実は変わらないのです。

 

しかし、まだ糖尿病ではないのであれば、まだまだ勝てる余地がある。

 

そのためにはいかにインスリンのサポートをするかを考えなくてはなりません。今日から作戦を立て、私達の体を脅威にさらすブドウ糖と戦うのです。

 

 

 

 

新しい血糖値測定器が欲しい方へ

 

もしあなたがなんとかインスリン注射は避けたいという状況なのだとしたら、恐らく既に薬物療法を行っており、厳しい食事制限と運動療法を実行されていることだと思います。

 

血糖値測定器も既に持っているが、消耗品の負担が大きいのでもっとコストがかからず、長く使用しても負担の少ない血糖値測定器を探していてこのページに行きついたのかもしれません。

 

もしくは、随分前に買ったもので針が太く、検査に慣れてはいるがもっと良いものが欲しいと思ったのかもしれません。

 

そんな方におすすめな血糖値測定器を一つ挙げるとすれば、「トゥルーピコ」という製品が良いでしょう。

 

針はほぼ無痛と言われている31Gのものですから、金銭的な負担も体への負担も軽く、今までにない程のコンパクトさが特徴です。

 

すでに血糖値測定器を使用していらっしゃるのであれば本体と消耗品の安さはお分かりになるのではないでしょうか。おそらく半分くらいのお値段のはずです。

 

単純に新しく良い血糖値測定器を購入しようとしているのであれば、トゥルーピコが一番だと思いますよ。

 

血糖値測定器はまだ使っていないと言う方へ

 

まだ血糖値測定器は使ったことなくて、購入しようかどうか迷っているという方はいらっしゃいますか?

 

少々強引な物言いになりますが、迷っているのであれば是非この際に血糖値測定器を手に入れてください。

 

糖尿病だと診断されても、すぐにインスリン注射を打つ治療になるとは限りません。

 

進行具合によっては食事療法と運動療法で様子を見るという方針になったり、薬物治療を行ったりということになるでしょう。

 

このページをご覧になっているあなたがどの段階なのかは分かりませんが、血糖値の管理が思うようにいかないとか、少しずつ悪くなっているようだというのであれば、血糖値測定器は必須と言って良いでしょう。

 

恐らくどこで迷っているのかと言うと、本当に自分で買ってまで血糖値の検査をする必要があるのか?というところだと思います。

 

インスリン注射で血糖値の調節が必要だと判断されると血糖値測定器が貸し出され、治療に使われることになります。消耗品は保険適用され安価で購入することができます。

 

血糖値測定器がなければいつ、どのくらい血糖値が上がっているかも分からず、インスリン注射も打つことができないからです。

 

ではまだ食事療法と運動療法で治療しましょう、という段階の人であれば、インスリン注射を使用しないのですから血糖値測定器は不要なのでしょうか。

 

いいえ、あと一歩でインスリン注射に頼らなければならない状態だからこそ、血糖値測定器が必要なのです。

 

理由はインスリン注射を打つときとまったく同じ、いつ、どのくらい血糖値が上がっているか分からないからです。

 

血糖値測定器がなければ、食事療法をしようが運動療法をしようが治療の効果も分からず、どの食事が負担になっているのかも分からず、やみくもに我慢するだけの生活になってしまいます。そうなってはいませんか?

 

それでは体重計を使わずに減量をするようなもの…、いえ、体型と違い血糖値の変化は見た目からでは判断できませんから、もっと必要なものなのです。