効果的な摂取を!ルイボスティーの適量ってどれくらい?

 

ダイエットや美肌などの美容や健康に効果があるルイボスティーにも過剰摂取するとせっかくの効能が効かなくなることもあります。ルイボスティーの適量としては、1日にコップ2杯から3杯ぐらいが目安となり、効果を得るには毎日継続的に飲みのがよいとされています。また、抽出の仕方も重要で、煮出す場合は最低10分以上沸かすのが効果的と言われています。水出しの場合は数時間程度つけておかないといけません。

 

ルイボスティーには、コーヒーや紅茶のようなカフェインが含まれていないため、飲み過ぎてもそれほど健康に害は与えませんが、それでも水分の過剰摂取によって胃腸が弱い人などは水分のコントロールができなくなり、身体を冷やしてしまうこともあります。アトピー性の疾患を持っている人もルイボスティーを飲み過ぎると悪化させてしまうこともありますので注意が必要です。

 

このお茶には、ミネラルがたくさん含まれており、抗酸化作用もあるため、健康に関心がある人ほど即効性を求めて大量に摂取してしまいがちですが、医薬品ではないので、すぐには求めている効果は得られません。ほかの健康茶に比べて味にそれほど癖がないため、水の延長の感覚で気軽に飲みやすいお茶です。

 

ルイボスティーと糖質の関係性

 

近年、美容や健康に関心が高い人々の間で話題になっているルイボスティー。
名前は聞いたことがあるけれど、実際どのようなものなのか、飲むとどんな効果があるのか、良く分からない人も多いでしょう。ルイボスティーとは南アフリカ原産のお茶で、不老長寿のお茶として300年以上もの昔から多くの人々に愛されてきたお茶です。ミネラルをバランスよく含んでおり、ノンカフェインであることから、子どもからお年寄り、妊婦さんでも安心して飲むことができます。また、シミそばかすなど肌の老化や、免疫力低下の一因ともなる活性酸素を抑制する酵素が豊富に含まれているので、アンチエイジング効果にも注目が高まっています。ルイボスティーはお茶なので、カロリーもなく糖質もゼロ。

 

抗炎症作用や善玉菌が腸の働きを活発にしてくれる整腸作用もあるので、美容や健康に対するメリットも多いお茶となっています。そんなルイボスティーの味は、苦味や渋みはほとんどない飲みやすさで、1年を通じて水分補給にぴったりです。夏バテや熱中症予防にも一役買ってくれるでしょう。1日の摂取目安量はコップに2~3杯程度ですが、日々の食生活に合わせて上手に取り入れていきましょう。

 

 

ルイボスティーの特徴とは

 

ルイボスティーは、南アフリカが原産であるルイボスという針葉樹の一種である植物が、原材料となっているものになります。このルイボスティーの特徴にはいくつかあるのですが、カフェインが含まれていないことが大きな特徴のひとつになっています。カフェインを習慣的に摂り続けていることで、身体のなかの消化器系や肝臓などの臓器に負担をかけてしまうことがわかっています。

 

このため、これらの疾患がある人や、妊娠中の人、赤ちゃんなどにはカフェインを摂取することは好ましくないようです。この他の特徴には、ルイボスという植物が育つ南アフリカの土壌は、ミネラル成分を多く含むところであるため、優れたミネラルがバランス良く含まれていることになります。南アフリカは、世界でも有数の金など鉱物の産出国であることから、上質のミネラルが得られるようです。

 

人が健康を維持するためには、ミネラルはとても重要な栄養素になります。さらにルイボスティーには、SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素というものも含まれています。これは、体内に発生する活性酸素を抑える働きをしてくれるものです。毎日飲み続けることで、健康や美容に良い効果を得ることができるでしょう。

 

 

ルイボスティーの美肌効果

 

美肌にも効果があると、高い注目を集めているのがルイボスティーです。
南アフリカ原産の茶葉を原料としたお茶で、抗酸化作用があるフラボノイドが豊富に含まれている事で注目を集めています。
抗酸化作用は、肌や体の老化の原因となる活性酸素の働きを抑える事が出来る為、アンチエイジングに効果があります。

 

ですから、いつまでも若々しい肌を維持したいと考えた場合に、フラボノイドは有効な成分の一つとなります。
更に、ルイボスティーは、腸内環境を整えてくれる効果もあります。
腸と肌は関係ないと考える人もいるでしょう。
ですが、腸の中に便が留まったままの状態になっていると、腸の中で便が腐敗し、そこから毒素等が発生する事
になります。
腸で発生した毒素は、腸壁から吸収され、血液に乗って、体中に届けられる事になります。

 

その毒素が肌に届くと、ニキビ等の肌トラブルの原因となってしまいます。
ですから、肌トラブルのない綺麗な状態を維持したいと考えたら、良い腸内環境を維持する事も重要になってきます。
ルイボスティーは、便秘の改善をすると同時に、良い腸内環境を整える効果もあり、それにより、肌トラブルが起きにくい、綺麗な肌を維持しやすい状態を作ってくれます。

 

 

ルイボスティーで加齢臭や体臭が軽減するらしい

 

加齢臭って本当に嫌ですよね。
夫も最近体臭がキツくなってきて…正直あまり一緒にいたくありません。
でも夫婦仲が険悪になるのも嫌なので、加齢臭対策の方法をこっそり調べてみることにしました。

 

夫に直接臭いと言ったら機嫌が悪くなりそうなので、夫にバレないように加齢臭を消したいんです。
そして私はルイボスティーというお茶に目をつけました。
加齢臭が発生する原因はノネナール。
このノネナールは、過酸化脂質が分解される時に発生する成分。

 

この過酸化脂質を増やさないためには、活性酸素を作らないことが重要になります。

 

ルイボスティーに含まれるポリフェノールなどが活性酸素を減らす効果があるので、加齢臭にも効果的というわけですね。
それにこれなら私も一緒に飲めるし、夫にも怪しまれません。
ルイボスティーは美容効果もありますから、女性が飲んでもメリットがたくさんあります。
そうと分かればさっそく加齢臭対策に向けて行動開始。
ネットで注文してみました。

 

 

ルイボスティーがホルモンに与えるものとは?

 

ルイボスティーの減産は南アフリカであり、その歴史は長く昔から先住民が不老長寿のお茶として愛飲して重宝されてきました。
強い抗酸化作用があることから別名、奇跡のお茶とも呼ばれており、最近では日本の各メディアなどでも取り上げられることが多く、たくさんの人に注目を浴びているお茶ともいえるでしょう。

 

ルイボスティーにはアンチエイジング効果があり、しみやそばかす、ほうれい線、たるみ、吹き出物などを予防改善してくれるだけでなく、新陳代謝を活発にする効果もあるため体内に蓄積された中性脂肪の燃焼を促しダイエットのサポートにも役立ちます。

 

さらには脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化などの生活習慣病の予防にもなるので、毎日の健康維持のためにもおすすめできるお茶だといえます。
また、女性ホルモンのバランスを整える効果もあるので、月経前症候群に悩む女性や不妊に悩む女性にも効果を発揮します。

 

ルイボスティーには精神状態を整える作用があるので、月経前症候群のイライラを緩和したり、体内環境を整えて生殖器を正常に保つ効果があるとされているので、女性ホルモンの分泌をあるべきレベルまで改善することができます。
ルイボスティーは薬とは異なって副作用の心配もないので、毎日気にせずに飲むことが可能です。