糖尿病の合併症と歯

糖尿病の合併症と歯

 

糖尿病を発症すると色々な合併症を発症し、身体に影響が出るようになります。
歯や歯肉にもこの影響は出るようになります。

 

糖尿病の患者というのは普通の人と比較をすると、かなりの確立で虫歯を発症しやすくなるといわれています。
歯周病や虫歯が糖尿病と深く関与している、ということはよく知られていることです。

 

歯周病で歯科医にかかっている時に、糖尿病の発症に気付く、ということも少なくないようです。
まず糖尿病と歯周病がどのように関係しているのか、ということですが糖尿病というのは高血糖の状態になりますので、血液の流れに障害が出るようになります。

 

その結果、細い血管は塞がってしまい、太い血管は動脈硬化がどんどん進行してしまうようになります。
もちろん歯肉内においても同じです。
歯肉内の毛細血管の血液の流れが悪くなってしまうので、免疫細胞も正常に機能しなくなってしまいます。
つまりは歯周病菌が感染しやすい状態になるのです。

 

さらに、歯周病を発症している糖尿病患者というのは歯周病治療においてプラークコントロールをすることによって血糖値が少し下がった、という例もあります。
このように糖尿病の症状と、その合併症による口腔内のトラブルというのは少なくないんですよ。

 

 

糖尿病治療で血糖降下剤の治療を受ける

 

糖尿病とは、血糖値の上昇を抑制するインシュリンが不足することにより、尿に糖分が含まれる病気のことです。インシュリンの量は、産まれた時から決まっているため、体内で生成することができません。血糖値が急激に上昇するような食生活を長年送っていれば、インシュリンを大量に使用しますので、いずれ糖尿病になります。

 

血糖降下剤を使用した治療を行うのは、比較的初期の段階で、食事療法で改善が見られない場合やインシュリンを使用していない場合に行うことが多いです。基本的には、食事療法と運動療法により、血糖値をコントロールする治療を行いますが、合併症や進行を防ぐために、薬物療法として、血糖降下剤を使用します。

 

種類がいくつかあり、単体で服用する場合と、組み合わせて服用する場合があります。主にすい臓、肝臓、小腸などに働きかけることで、血糖値の上昇を防ぐ効果があります。

 

副作用としては、血糖値が下がりすぎることによる低血糖が起こり得るということです。低血糖は、本人の気づかないうちに起こることが多く、意識を失ってしまうため非常に危険です。しかし糖尿病になってしまったら、この治療をするしか方法はありません。

 

東京には、日本でトップクラスのHDCアトラスクリニックという病院があります。日本中から糖尿病に悩む人々が訪れることで有名です。他の医院で、うまく血糖コントロールができずに悩んでいる方は、一度来院されていかがでしょうか。

 

 

検査で見つからないタイプの糖尿病予備軍

 

糖尿病予備軍という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

 

「糖尿病手前」と言われたり、「境界型糖尿病」などと呼ばれたりすることもあります。

 

糖尿病とは言い切れないけど、このまま行くと危ないよという、グレーゾーンな状態。正常とも言えるし、異常とも言える。

 

このような診断が下った人は、不思議なことにちょっと生活習慣について小言を言われたという程度の認識しか持ちません。

 

なにはともあれ、糖尿病でないならまだ大丈夫、みんな同じようなことを言われているのだとあまり糖尿病予備軍などという言葉に危機感を持つ人はいないようです。

 

しかし、それは大きな間違いです。

 

厳しいことを言うようですが、境界型糖尿病だろうが糖尿病予備軍だろうが、それは既に死の宣告だと受け取った方が良いです。

 

いえ、もっと悪いことに、糖尿病というものは多くの合併症を伴う病気ですから、治療をしなければ「いつ何で死ぬか分からずに健康な人の何倍も怯えながら生き続けなくてはならない」病気です。

 

血糖値が高めだとか、糖尿病予備軍だと言われたらラッキーだと思ってください。異常が見つかった上、まだまだ改善の余地はあるのですから。

 

特に怖い食後高血糖という糖尿病予備軍

 

本当に恐ろしいのは検査をすり抜けてしまう糖尿病予備軍である「食後高血糖」に当たる人です。

 

「食後高血糖」もしくは「隠れ糖尿病」と呼ばれる、食後2時間血糖値を測定した際の血糖値が高いタイプで、通常のふるいわけ検査では見落とされやすいという特徴を持つものです。

 

食後高血糖は異常が見つかりにくい上、心血管病のリスクは通常の人よりは当然高いです。

 

不思議なことに、食前でも血糖値が高い糖尿病予備軍の方の心血管病リスクは通常の人とそれほど変わらないのに、食後高血糖の人の発病リスクは血糖値の上昇度合いによって増してしまうのです。

 

血糖値上昇の急激さが負担になりやすいということでしょう。

 

もし心疾患や脳血管障害などが起きれば、本人にとってみればある日突然、前触れなしに病気に襲われた感覚になることだと思います。

 

食後高血糖の方が危険と言われるのは、このような理由によるのです。

 

この食後高血糖を見つけるためには、本格的に糖尿病の検査をしてもらうか、ご自分で血糖値側的を使い、こまめに血糖値を観察するしかありません。

 

 

 

血糖値測定器は必須

 

糖尿病も早期発見・早期治療が肝なのはご存じだと思いますが、健康診断を待っていては食後高血糖を見逃す可能性があります。

 

実を言えば、血糖値測定器はどんなタイプの糖尿病予備軍の方にも持っておいていただきたいアイテムです。

 

なぜなら、血糖値は自分では分からないからです。

 

この甘さのものを食べたら血糖値がいくつになるとか、この量を食べたらいくつになるかなんて分かりませんよね。

 

血糖値が足りないという認識はすることがあっても、血糖値が高いことには私たちは気付くことがなかなかできません。

 

しかし糖尿病予備軍の人は、実はとても恐ろしい状態である高血糖状態に通常の人より多く晒されているのです。高血糖の時間が長い程、もしくは血糖値の上下が激しい程、血管へのダメージは大きいはずで、血管に関する病気のリスクが上がり続けているのです。

 

あなたの血管が危険にさらされているのはいつ、どんなタイミングなのでしょうか。そしてそれはどれくらいのダメージなのでしょうか。

 

いつも血糖値は高めなのか、それとも、食後だけ高いのか。

 

それはこまめに検査しなければ分からないのです。
特に食後だけ高いタイプの人は異常が見落とされやすく、疾患のリスクが高いのです。毎日高いワケではないというのならなおさらです。

 

血糖値が気になる人、血糖値に何らかの注意を受けたことが一度でもある人は、ぜひ血糖値検査薬を使って、日頃からご自分の血糖値を管理してください。

 

それは、すい臓がちゃんと働いているか、インスリンが働いているかを知る手がかりになりますし、生活習慣改善の手がかりにもなります。

 

血糖値が気になる人は血糖値測定器がなければ始まらないと言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

一番の問題は無自覚なこと

 

食後高血糖のタイプの人は、普段病院で行う簡易検査などでは正常値であることが多く、高血糖状態が見落とされやすい傾向にあります。

 

やっかいなのが、本人が検査ではなんでもないというだけのことで血糖値についてあまり関心がなくなってしまうことです。

 

食後高血糖のことを話しても、病院では何とも言われなかったというだけで、いつ本格的な糖尿になってもおかしくない生活をしているなんてことがあるのです。

 

簡単な検査では見落とされやすいところが怖い食後高血糖ですが、何より怖いのが病院で異常と言われなかったという事実が油断を招いてしまっているというところです。

 

この事態を何とかするためにも、血糖値測定器は一家に一台あってしかるべきものですが、血糖値を積極的にコントロールしなければという危機感を持っていない方にとってはあまり興味をひかれるものではないらしいのです。

 

血糖値が高いと言われているのにも関わらず、何も策を講じようとしない人は、こう言ってはなんですが自業自得です。

 

危機感を持てなかったばっかりに医師のアドバイスを聞き逃して、いつか苛酷な食事制限か治療生活を送ることになるでしょう。

 

かわいそうなのが、食後高血糖があるのに検査をすり抜けてしまって、危機感を抱く瞬間がなかったという人たちです。

 

これは油断するのも仕方ないと思いますし、万が一のためにもっと念入りに検査しよう、自分で血糖値測定器買って検査しようなんて思わない方が普通でしょう。

 

しかし、だからこそ覚えておいて欲しいのですが、血糖値測定器は病気だから使うものではなく、体重計や血圧計と同じように、自分の体のコンディションを知るために持っていて良いものなのです。

 

 

 

血糖値に対する誤解はありませんか?

 

血糖値測定器を使いましょうと言えばそんな大げさなと思う方もいると思いますが、おそらくそういう人は血糖値というものに対して誤ったイメージを持っているのではないかと思います。

 

病気の人にしか必要ないものだ。

 

たまの検査で異常なしなら良いのだ。

 

血糖値は刻々と変化するものです。ご飯を食べれば誰でも血糖値が上がりますし、食べなければ下がります。

 

血糖値は上げることが問題なのではなく、通常よりも高すぎることや一向に下がらないことが問題なのです。

 

その異常を知るためには、こまめに血糖値の様子を観察するしかないのですが、要は検査時に血糖値が高くなければいいのだという誤解があるからこそ、血糖値測定器の重要性は軽視されがち。

 

このページをご覧になっているということは、多少なりとも血糖値の様子に関心のある方だと思いますから、どうぞこの機会に血糖値測定器を使う習慣について考えてみてください。

 

糖尿病は早めに対策を取っておくことで確実に予防できる生活習慣病ですし、生活習慣病である以上、日頃の習慣を変えなければならない病気です。

 

早期発見・早期治療が重要なのはどの病気も同じですが、糖尿病は特に早めに対策を取ることで自分の負担が急激に軽くなる病気です。

 

ぜひ血糖値測定器の日常的な使用について、よくご検討ください。

 

 

 

したくないのに糖質制限しなきゃいけない人へ

 

ダイエットや集中力維持のために自ら進んで食事制限(糖質制限)をする人がいますが、特に望んだわけではないのに血糖値が高めだとか、糖尿病予備軍だとかという理由で食事制限を強要されるのは面白くないですよね?

 

望んで糖質オフなんかめんどくさいことする人の気なんかしれないかもしれない。

 

でも糖質の摂取し過ぎは血糖値の乱上下を起こして食後急激に耐えられない眠気に襲われたりするし、余った糖質はどんどん脂肪に蓄えられるから太るし、これを敵視する若い方が多いのは頷けますよね。

 

しかしスタイルとか集中力とかの問題より深刻なのが、糖分が実際に体に毒だということです。糖尿病の心配がある方はこちらが深刻なのです。

 

血液内に溢れるブドウ糖は私たちの血管を傷つけ、痛めつけ、あらゆる病気を引き起こします。

 

血糖値が高ければ日頃の食事から糖質をできるだけ落としましょう、血糖値が上がらない食事をしましょうと言われるのは当然なのです。

 

色々な理屈は置いておいて、仮に今あなたが糖質制限に少しやる気が出てきているところだとします。

 

さあ今日から食生活に気を付ければまだ遅くないんだ、まだ糖尿病ではないんだという状況だとします。

 

食事を変えるのは辛いけど、健康のために頑張るぞ、と思っている方もいるかもしれません。

 

やる気を奪うようなことになると申し訳ないのですが、筆者も食後の眠気や体の締りのなさを気にして糖質制限に幾度となくチャレンジしている口です。

 

幾度となくと言う当たりでお分かりかと思いますが、どれだけやる気があっても糖質制限ってなかなか続きません。

 

最近やっとやっと習慣付いて、我慢する感覚なく調子の良い日々を送れるようになったところです。ここまでに2年程かかりました。

 

ここでは、糖質制限が続かない理由と、糖質制限を継続させるコツをいくつかご紹介して、血糖値が高くて嫌々ながらも必要に迫られて、糖質オフの食事をしていかなければならないという人のために出来るだけのアドバイスをしたいと思います。

 

早く習慣付けるために知りたい糖質制限の壁

 

若い世代の方であれば、糖質制限というのは比較的健康のためというよりも、ダイエットや集中力保持のため、自らの向上の目的で取り入れる習慣だと思います。

 

集中力が続けばもっと仕事ができるのに。もっとやせてキレイになりたい!そんな願望から糖質を断ったりするのです。

 

必要に迫られてはいますが危機感はそれほどなく、言わば趣味のような挑戦ですから、いざと言うときに気が緩んで、なかなか続かないのかもしれません。筆者もそうでした。

 

しかし、もし血糖値に問題があり糖質制限をしなければならないというのであれば、そんな悠長なことは言っていられません。即刻という訳ではありませんが、これからの生活、もっと言えば命に関わる問題なのです。

 

何回も失敗して、また思いついたようにチャレンジして、また挫折するけどまたチャレンジしてなんとか習慣付けが出来れば良いなんてことはない。

 

今日からでも完璧に糖質を制限する習慣をつけなくてはならないのです。

 

だからこそ、この糖質制限の習慣が身につくまでのコツは、そういう方にこそ知っておいてもらうべきだと思った訳です。

 

とは言え、糖質制限は大変難しいので、緊急を要する方は血糖値をコントロールするお茶や糖質の吸収を抑えるサプリメントなどを活用し、万が一の失敗やどうしても付き合わなければならない飲み会などに備えておくと良いでしょう。